トップ企業再生支援メニュー保証会社・サービサー・競売対策・対応
ピックアップメニュー
金融機関への返済が滞ったり遅れた場合、その債権は、保証会社が代位弁済したり、サービサーに債権譲渡されたりします。そういう事態に陥った場合、一括返済を求められますので、どうしていいか判らなくなってしまう債務者が多いようです。
しかし、保証会社やサービサー、また、代位弁済と債権譲渡の意味を理解していれば、怖がる必要が無いばかりか、ピンチをチャンスに変えることも可能です。

【保証会社(保証協会含む)、サービサーへの返済交渉】

債権が保証会社やサービサーに渡った場合、保証会社、サービサーどちらも形式的に一括返済を求められますが、当然に無理な話であり分割での返済についての交渉となります。交渉次第では、資金繰りが楽になることもありますので、代位弁済、債権譲渡されたら、チャンスだと考えて前向きに取り組みましょう。
また、サービサーは債権放棄というシステムを持ちますので、サービサーへの債権譲渡は一気に債務を消滅させるチャンスでもあります。

【競売対策として】

当方では、競売対策対応として、リースバックおよび任意売却その他企業様の状況にあった対策を検討させていただき、サポートをさせていただいております。

※ 保証会社と保証協会の意味はこちら
※ 保証会社(保証協会)の代位弁済の意味はこちら
※ サービサーの意味はこちら
※ サービサーへの債権譲渡の意味はこちら
※ リースバックの意味はこちら
※ 任意売却の意味はこちら


まずはお気軽にご相談ください。